夢の話

結婚してから、義理の父を始め新しい家族にあまり気持ちのよくない感情を持ち続けていた。

苦手、会うと疲れる、苛立つ。クリーニングしてもクリーニングしても、そんなモヤモヤする気持ちをより一層、まるで やっぱりそうだそうだ!と正当化してくれるような出来事も実際に続いた。

 

さすが、結婚はクリーニングをするためにする、とヒューレン博士が言っていただけあるなあ、というような自分にとって傷つくこと、いやなことが義理の家族を通してなんどもなんども私自身の元に現れた。

クリーニングしてもしても、嫌な気持ちは無くならないのでさすがに疲れてきたし、何か間違っているのかな?と思考のループに何度も陥った。それでも、家族になってしまったんだから、逃げるわけにもいかないので、そして他になにをしたらいいかもわからないので、今までとにかくクリーニングを続けてきた。

 

先週末、夢を見た。

オーストラリアにいて、義理の両親、義理妹夫婦、夫と私がレストランのテラス席でお茶をしながら何かを話していた。そして父が突然、ある重大発表をして、家族みんな驚きつつ喜んでいた。

 

そこで私は怒りが爆発した。義父の発表内容が私がずっと恐れてきたことだったのだ。夢の中で私はとても率直で、さらに感情的で、涙をためながら、「そんなことはして欲しくない!」と一生懸命訴えていた。そんな私の滅茶苦茶な厳しい対応に義理兄弟は怒って席を外し、義理の母もショックで口がきけず、父は厳しい顔でただ聞いてくれていた。夫は隣でとにかくそこに一緒にいようと努めているのが精一杯というのがひしひしと感じた。夢の中だけれど、ものすごく感情的に率直に普段なら言えないことを言っている私に、夢を見ている私がドキドキするほどだった。

 

でも、その中でも一番驚いたのは、どんどん感情的になっていく一方で、私の中で父や妹、新しく家族になった彼らの誰一人に対しても、嫌いだという感情が、たったの一度も湧いてこなかったということだった。見ていて、あちゃちゃ~というくらい、怒ったりしているのだけれど、だからと言って、たったの一度も、相手に対しての嫌悪感が湧いてこなかった。

 

そして夢から醒めた時には、とてもスッキリとしていた。

突如、みんなが大好き!ハッピー!早く会いたい!となったわけでは決してないけれど、疑念が晴れたような、そんなすっきりとした気持ちに満ちていた自分に驚かされた。

 

ホ・オポノポノを始めてから以前にも増して夢を見るようになった。夢の中ではいつも、自分の隠しきれない気持ちがありありとストーリー仕立てで展開されたり、夢は私にとって、ウニヒピリが見せてくれている深い記憶の湖のような場所だ。

 

いつも会うたびに疲れたり、嫌な気持ちになるから、本当に嫌いなんだと思っていた。新しい家族を嫌いってとても悲しいなとさえ思っていた。だからこそ、夢の中で、私が日頃なかなかスッキリと心を開くことができない相手に、夢の中でも早速怒ったり色々しちゃっているのだけれど、それでも相手を憎しんだり、嫌な気持ちにさせてやろうといういじわるな気持ちは一滴も出てこなかったのは、大きな救いのような、希望そのものだった。

 

ああ、クリーニングされている、正しい方向にちゃんといる。

 

クリーニングして、このかた私が気づいていないだけかもしれないけれど、大きな変化のなかった義理家族との間で、クリーニングされるべきことはクリーニングされ、私らしく、この人生の中で新しいこの家族と進んでいるのかもしれない。とはっきりと感じた。

 

クリーニングをしなければ、記憶が指し示した感情が私である、と本当の自分をいつまでも生きることはなかなか難しい。記憶こそが私で、記憶こそが私と相手の関係を指し示す絶対のジョウギなのだと、ついつい勘違いし、その中をぐるぐるとさまよってしまいがち。

 

それでも、クリーニングしていれば、こうして夢の中で、現れる感情は記憶で、私と相手はそれぞれ限りなくゼロに戻っていけるかもよ、本来のつながりがあるかもよ、というメッセージ、そしてそちらの方が、記憶が今までもっともらしく見せてくれた現実よりもはるかの現実的だと、急に時差ボケからさめたような気持ちにさせてくれることもあるんだ。

 

無理やり決めつけた愛や尊敬よりも、今、私が義父に感じている深い絆、尊敬の種、妹にふとした時にわく愛おしい気持ちは、私を限りなく自由にさせてくれる。

 

相変わらず、びっくり仰天なこと、むかっとスイッチはあるけれど、あの夢以来、新しい道がより一層はっきりと、そして、なんだか実際に、私への風当たりがだいぶだいぶマイルドになっている気がする!

Thank you.

I love you.

POI
アイリーン

夢の話」への5件のフィードバック

  1. 児玉唯

    アイリーンさんこんにちは。
    ブログ、更新していただけてとっても嬉しいです‼︎
    実は毎日、アイリーンさんのブログやアイリーンさんに関する事をネットで見ています。
    というのも、前回のブログのコメントにも書いてしまったのですが、私はとても悩んでいることがあります。
    夫と子供、私の両親の5人で暮らして3年になるのですが、もう別居したいと思っています。
    自分の親なのに、苦しいのです。
    主人に対してモヤモヤしてる両親と、私の両親に気疲れしている主人の間に挟まれ、どうしてあの時、同居を断らなかったのだろうと後悔の毎日です。
    一緒に暮らしていなければこんな風に毎日苦しい気持ちで起きなくてすんだし、余計な気疲れしなくて済んだのに。
    どうして両親と私たち夫婦でお金を出し合って家を買ってしまったのだろうと。
    ローンもあるし、別居などどうやってできるのか、こちらからは絶対に言えない。
    言えば今までの関係は壊れることが目に見えている。
    もう、毎日ずっとずっとクリーニングです。
    今のところ、別居したい・あの時断れば良かったというこの気持ちをただただクリーニング。
    それでも今もなお、苦しい気持ちは消えません。
    ちゃんとクリーニングを始めてまだ1ヶ月ほど。
    赤ちゃん並みです。
    クリーニングによって別居という方向へ自然といくといいな、という期待もクリーニング。
    それでも、アイリーンさんのブログや記事には本当に救われます。
    クリーニングを続けたいと思えるのも、アイリーンさんのおかげです。
    いつか、お会いできたらなと思います。
    いつも分かりやすく、温かい言葉をありがとうございます。
    ずっと応援しています。
    記事のアップ、とっても楽しみにしています‼︎
    これも、クリーニング☺️

    返信
  2. 吉川 りえこ

    私は、結婚前はバイト先などで同年代の人よりもおばちゃん達と仲良くなってしまうことが多く、気に入られて、息子さんに引き合わせる機会があったり・・・とかそんな感じだったのですが、姑さんとは何を話していいかもわからないし、のちにはもう100%嫌悪で吐き気がする時期もありました。でも、クリーニングをつづけたおかげか今は昔の恨みつらみ(お互いに)もなくなり、いつの間にかいい関係になりました♪

    返信
  3. kailuna

    アイリーンさんこんにちは。
    何度もコメントすみません。
    名前を児玉唯⇒kailuna に変更させていただきました。

    クリーニングについて質問なのですが、こういうクリーニング方法でいいのでしょうか??
    ①【私のどの記憶が原因でお父さんとお母さんが彼に対してよく思ってくれないことばかりなんだろう?そして彼もどうしてもう少しお父さんたちに話しかけたりしてくれないんだろう?これは一緒に手放そうね。見せてくれてありがとう。愛してるよ】
    ②【今日帰ったらお父さんと彼が気まずい雰囲気になっていないか不安だな。帰りたくないな。もう本当に嫌だ。この気持ちを見せてくれてありがとう。】
    ③【私のどの記憶が原因で一緒に暮らすことになってしまったんだろう?そしてどうすれば、同居が解消されるんだろう?この気持ちを見せてくれてありがとう。】

    こういった感じでいいのでしょうか??
    特に③は、期待もクリーニングなのに、めちゃくちゃ期待してしまっています泣
    期待ももちろんクリーニングしますが、別居に向けて(親から同居解消しようと言ってもらえるのがベスト。こちらからはとてもじゃないけど言えない)、どんなクリーニングをすればいいのでしょうか、、、?
    これこそ期待の塊だからクリーニングだと思うのですが、せっかく子供もいるのに今の人生がつらく、これは親が死ぬまで続くのかと考えると本当に苦しくて、、、
    いつも感情的で身勝手なコメントでごめんなさい。

    でも、いつも応援しています‼
    いつも本当にありがとうございます。

    返信
  4. みき

    アロハ!
    前回、コメントさせていただいた、みきです。
    質問に答えてくださり、ありがとうございますm(__)m
    わたしも、毎瞬、毎瞬クリーニングを心がけます!
    今、わたしのウニヒピリが”転職は大変”という記憶を見せてくれています。辛い気持ちを受け入れたうえで、感謝をしてクリーニングしたいと思います。
    平良さんの、ウニヒピリもわたしのウニヒピリも、平和でありたいですね。

    返信
  5. マルガリタ

    私の過去のコメントに返信をいただいていることに今日気づいて、、
    とてもとても嬉しかったです。
    ありがとうございます。
    私も結婚以来、義理の両親との関係に悩んでいて、今はほとんど自分から話すことはありません。
    結婚して24年たち、子どもたちも大きくなり、少しずつ私の手を離れて行き、余裕ができたのか、少し離れて暮らす年老いた両方の両親に目が行き始めています。
    義理の両親には過去に何度も何度も傷ついたことがあり、今も自分から話すことはできません。
    でも、
    ずーっとクリーニングを続けているからなのか、少し、優しい気持ちになっています。
    まだまだ怖くて怯えている記憶がこびりついているけれど、主人の後ろにくっついてなら、行ってもいいいかなと。
    まだまだ、実践できていないけれど。
    今は、他に仕事場の悩みがあります。
    うまくクリーニングできているのかわからないけれど、とにかく、自分をいたわるようにしています。
    最近は子どもたちにもその方法を伝えるようにしています。
    自分の中にもうひとり、小さな自分がいるから、大切にしてあげてね。と。
    辛くて不安なこの頃に、ふと、見つけた私への返信は本当にすてきなプレゼントでした。
    クリーニングするために生まれてきた。
    辛いけれど、手離したと気付けた時のあの解放感、ふわっとした優しい気持ち。
    またすぐになんだかんだと現れるけれど、最近やっと、自分って一体なんなんだろうと思えるようになりました。
    義理の両親のことは、どんな形で消去されるのでしょう。
    支離滅裂でごめんなさい。
    本当に感謝しています。

    返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中