月別アーカイブ: 2015年10月

臨月

Aloha! 読んでくだっているみなさま

お久しぶりです。わたしは元気です。そして今は臨月後半の妊婦です。

最後の投稿をした日から千葉でヴィッパサナー瞑想の11日間キャンプに参加し、日本で人と直接お会いする最後のお仕事をおわらせ、急遽台湾で出産することに決め、9月に台湾に戻り、いまにいたります。

コメントのお返事もまだしないままで、ごめんなさい。今日からわくわくお返ししていきたいと思います。

ヴィパッサナーはすごくよかったです。母から大昔から勧められていたのですが、まさにdevine timingで参加できました。スタッフのみなさま、他の参加者のあたたかい思いやり、言葉を一切話さないからこそ、ただただ深く受け取ることができ、それまで台湾であまりに妊婦であるのに動き回っているわたしを心配する声がすさまじかったので、反発しまくり暴走不良妊婦になっていたわたしに深く深くしみました。もともといたわりと思いやりしかもらっていなかったんだ、わたしが何かを雑にしていたから、こんな形になっていただけなんだというのがすとんと落ちて、子供のような気持ちで素直な妊婦(?)に戻るきっかけをいただきました。ほんとうにほんとうにありがとうございます!うるさいほどの虫の鳴き声、内側の声、すさまじい夢見、身体の感覚、星空、妊娠生活の中で味わえたことに感謝です。

これから始まる新しい生活のためにいろいろな身辺整理のようなものも同時に起きていました。そんなとき、必要な言葉を与えられたり、そのとき、それを聞く耳があったこととか、ぴったりの情報を人から本から映像から景色から受け取ることができるというのは、これはもう人生でほんとうにかけがえのないことで、そういうことがあってラッキーだね、はもちろんですが、それを受け取れる自分でいるには、ほんとうに日々のクリーニングによる自分の微調整が必要不可欠なのだな、ということに痛いほど気づきました。日々ウニヒピリに話かけること、何をしたいか、食べたいか、いろんな場面でこころをそちらに傾けることでこそ、日々の人生に現れるヒント、メッセージに自分をオープンにしていることが、何よりも大切なライフスキルだなと痛感する日々でした。

あと、最近ですが、せっかく台湾で出産するんだから、と妊婦お灸に行ってきました。
30分ほどの時間、お灸をすえて、静かな時間をひさしぶりに味わっていたら、
ふとKRの言葉を思い出した。

「手だって、足だって、あなたの体のどの一部もすべてアイデンティティーを持っている。
あなたの所有物である部分なんて何一つない」

そして、横たわっている自分の体を点検していると、ふと大きな感謝が湧き出ました。
妊娠に気づいてから今日まで、自分や周りの人、大いなる存在とか、自分のウニヒピリや赤ちゃんに感謝はしてきたけれど、誰よりも何も文句を言わず、底知れぬ力でこの妊娠を守って支えてきてくれたのは、わたしの体だったんだなあとすごく納得しました。
わたしがいろいろあれこれ考えて、イライラしたり不安を抱えている間にも、お腹はちゃんと徐々に膨らんできてくれたし、体のあちこちの筋肉や骨はそれぞれ情報をシェアしながら、赤ちゃんを支えられるように、しかもわたしにできるだけショックが少ないように、少しづつずれたり、動いたりしてくれていたんだなあと実感しました。
そうしたら、ここにいつもこれだけ頼り甲斐がある、素晴らしい才能を持った存在がわたしを支えてくれていることの事実に、わたしは不思議なほど励まされ、明るい気持ちが戻ってきたのです。

体ってすごい、ありがたい、っているのをまたいつのまにか頭で感じるようになっていたけれど、ほんとうにたとえ妊娠していない時でさえ、今日までずっといろんな環境でわたしがわたしでいられるように、ずっと機能し続けてきてくれたのだなあと気付き、やっと出会えた気持ちでうれしいです。

ここまで、脈略なく一気に最近のことをざざっと書きましたが、今更新しないと、ブログに復帰するチャンスを失いそうだったのでこのまま更新します!

読んでくださってありがとうございます。

POIアイリーン