月別アーカイブ: 2015年6月

KRさんの写真うつり

昨夜、新刊『ホ・オポノポノジャーニー』、完全校了(本文、口絵、カバーともにすべてのチェックを著者、編集者、デザイナーすべてが完了させ、下版させることです)しました!

ここから先は、わたしが手出しできることはなく、ひたすらクリーニングするのみ!

ここにくるまでには、それはそれはいろんなこころの動きがあり、最後の最後になって、この言回しは、やはりおかしいとか、生意気だとか、一人突っ込みの日々。そして、クリーニング。クリーニングしないとまあ大変で、どんどん記憶がああでもない、こうでもない、と話しかけてくる。それにほいほいついていくと、もはや、本はみなしご同然、アイデンティティーを失ってしまいます。でも、でてきた記憶を大切に、クリーニングしていくと冷静なアイディアや気づきとして、生かしていくことができる。ううむ、本作りはわたしにとってクリーニングブートキャンプですな!

でも、今回『ホ・オポノポノジャーニー』はいろいろあって約2年かかりました!今年に入って、流れがようやく生まれて、短期間で、今までお待たせしてしまった講談社さんとすごくチームワークよく作り出せた体験も今回のわたしの大きな財産です。わたしの記憶がよっぽどなのですが、今までわたしは必ず出版社と一悶着ある人間でした。といってもまだ経験は浅いので、なんとも言えませんが、問題が必ず大きく現れます。笑う角には犬来るの反対(?)で、問題の角にはアイリーン来る!的に、わたしがもはや問題であるという場面がたくさん!でも、今回始めてご一緒させていただく編集者の方となんとも爽やかに、穏やかに気持ち良くプロジェクトを邁進させていったという気持ち。素晴らしい方です。

そこで、今までの担当者の方にも改めて、感謝がむきむき湧き上がり、これまで携わらせてもらった本たちも愛おしく思います。ヒューレン博士が毎回新しい本が出る度に、今までのこどもたちにも愛をね、みたいなことをさらっと諭されてきた意味を今回さらに実感しています。

新刊の発売に向けて、前回日本に滞在した際に、KRさんと一緒に取材を受けました。その記事が上がってきて昨日チェックのため、みたのですが、KRさん、女優!もはやハリウッド女優なみの自然体な華やかさです。もともとフォトジェニックな美しい女性だと感心していましたが、今回わたしと並んだKRさんをみて、その違いに改めて驚かされました。わたしは顔が真っ赤で固まってしまったお猿さん、その横にはジャスミンの香り漂うハリウッド女優!といったカットです。また雑誌がでたら、告知するので、ぜひご自身の目で確かめてみてください。

今度KRさんに写真うつりをよくする秘訣を聞いてみよう。でもきっと「クリーニング!」の一言で終わっちゃうんだろうな。今日から、写真にうつるときはもっとクリーニングに励んでみます。

最後に『ホ・オポノポノジャーニー』のカバーを!

opono_cov

『アロハ!』のカバーでもおなじみの潮千穂さんの作品です。本誌の口絵も今回すべて潮千穂さんのものです。一緒にクリーニングの旅を千穂さんとできたこと、人生の財産になりました。千穂さんはハワイ在住アーティストで、写真の他に版画などでも活躍されています。こころから尊敬してやまない心身ともにビューティフル!な女性なのです。そんなハワイを愛し、愛されている千穂さんの写真も本書からぜひ楽しんでいただけると思います。

左からわたし、KRさん、千穂さん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この旅をみなさまとわかちあえることに、こころからの感謝と感動があります。

Aloha!

Irene

お礼、そしてわくわくするお知らせ( 新刊 & 特別講演会 ) 

こんにちは!ごぶさたしています。

4月のTHD主催京都講演、そしてマーマースクール主催東京講演にきてくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました!

毎回、新しくお会いする方と何度かお会いしたことのある方がいらっしゃり、ほんとうにありがたいです。まだまだ緊張しますが、みなさんのクリーニングのおかげで、その場にこころも体もいる、という実感がよりあることが増えました。以前はほんとうにたましい吹っ飛んでいました!日々クリーニングですね!

私を含め、参加者全員がその場にいろんなものを抱えて集まるわけですが、その中で自分がクリーニングしているという立場をとるだけで、その瞬間の自分の舞台が変わる、そんな体験をさせてもらっています。だから、それをコツコツ、日々の日常でもしよう!と思うのです。素晴らしい体験、ほんとうにありがとうございます。主催者のみなさまにも改めてお礼申し上げます。

さて!

SITHの新刊が7/9に発売します。『ホ・オポノポノ ジャーニー』という本です。

この本は約二年前からハワイで取材を続けて作られていったものなのですが、わたしにとって、SITHを導き出したモーナさんとの出会いの旅でした。amazonでページができているようですが、若干サブタイトルなどが違います。ほんとうの名前は『ホ・オポノポノ ジャーニー ほんとうの自分を生きる旅』というものです。本の紹介はまた改めてゆっくりさせてください。写真もたっぷりで、巻末にはKR × 吉本ばななさん × (聞き役として)わたしが鼎談した『ホ・オポノポノトーク』が掲載されます。

そして!

新刊発売を記念して、8月に特別講演会『わたしたちのホ・オポノポノジャーニー!』が決定しました。そして、特別ゲストは吉本ばななさんです。

吉本ばななさんを通してホ・オポノポノを知ったという方もたくさんいらっしゃると思います。わたしも世界中の多くの方と同じように、ばななさんの作品にほんとうに救われてきたうちの一人です。そんなばななさんが今度はホ・オポノポノをわかりやすくお話ししていただくという機会ができました。鼎談の際も、ホ・オポノポノをわかりやすく現実に生かすコツをじゃんじゃんお話ししてくださり、パワフルな時間でした。とても貴重な機会だと思いますので、ぜひ、ご参加ください。昨日からお申し込みを開始したのですが、今日の時点で1/3席が埋まっているそうです。お早めに!わたしも当日はこの本の旅のお話しや最近のクリーニング実践記を話す予定です。

4月講演会のあと、一ヶ月日本に滞在していて、先日台湾に戻りました。台湾早速灼熱です!このブログを読んでくださる方にできるだけ早く新しい情報を!と思い、焦って投稿します。改めて、一つ一つゆっくり書いていきます。

いつもありがとうございます!

最後に、写真は4月末に行った鼎談のときの写真です。左から母平良ベティー、KRさん、ばななさん、わたしです。わたしにとってのインスピレーションウーマンたち(みんな派手ですね♡)との記念の一枚です。左端に見える銅像は講談社創設者の野間清治氏。わたしの後ろには野間氏の奥様の銅像もありました。

日本も暑い日が続いているそうですね。ブルーソーラーウォーターをごくごくいきましょう!

POI
アイリーン

11198441_10206490465763407_1117770473_n