月別アーカイブ: 2014年5月

リンネル特別編集『 かわいいハワイ 』

現在宝島社から発売中の、

リンネル特別編集『 かわいいハワイ 』

の中でわたしがおすすめするオアフのスポットをちょこっと紹介させていただきました。

photo 1-1

わたし、ハワイはもちろん大好きで、ホ・オポノポノを通して、またさらにすてきなつながりを体験させていただいていますが、今回のアンケートで「おすすめはこことあそこと〜♪」と別の地で思い浮かべているだけで、なんだか風やら虹やらこころの中に広がって幸せでした!笑

ハワイはきっとそんなやさしい力まで持っている特別な島だと思います。

帰国して、読むのが楽しみ!いろいろな方のおすすめハワイが載っているそうですので、ぜひご覧になってみてください。

ありがとうございます。

aloha!

アイリーン

ものもらい

アロハ!

突然ですが、SITHホ・オポノポノのオフィシャルFacebookがあるのをご存知ですか?定期的にヒューレン博士やKRさん、これまでの本の中からの抜粋文章がアップされています。今日アップされていた博士の言葉、とっても今の自分にしっくりくる言葉でしたので、ここでご紹介させてください。

あなたが恐れをかんじたとき、それをどう判断し、それにどう抵抗し、逃げてきたかが、今のあなたを作り上げてきました。
もう反応で生きるのではなく、直座にクリーニングしていくことで、ほんとうのあなたを生きる準備はできているはずです。

平和はわたしから始まる
イハレアカラ・ヒューレン

コメントのお返事の中でも書いたのですが、この一ヶ月くらいずっと左目の下ものもらいがありました。切りたくなかったので必要最低限の目薬をさしつつ我慢していたのですが、結構大きくてなかなか治らずちょっとイライラしていました。そんな時、Louis Hayの本を調べてみたら、「ものもらい」は心の中に溜まった怒りを通して物事をみている証拠である、とのこと。まさしく記憶が溜まりにたまって、ウニヒピリが体を通してみせてくれたんだなと納得。クリーニングしてクリーニングして、昨日一気に腫れがひきました。

「怒り」について、わたしはずっと確かにここ数ヶ月いつも夫のフィルやフィルの家族や台湾に怒っていました。あとは日本にいる家族とか。常にそこには怒れる要素があるから堂々と周りに怒っていたけれど、結局はその怒り自分の中に溜まった記憶ですよね。怒れば怒るほど具合は悪くなるし、顔色は冴えないし、ものもらいにはなるし、怒りは毒。ほんとうにわたしの目は怒りの再生テープを通して外を見ていました。

気づかせてくれてありがとう。それでもって治ってくれてありがとう。ものもらいが治って、ちゃんと事実が見えてきて、今朝は最高の目覚め、自分がいる環境に心から感謝です。

怒るのを押さえるのも良くないです。でもほとんどの場合、わたしの怒りの源は、まさしく恐れや後悔や嫉妬とか、なにかもとの記憶が発したものなんだと思います。だからたちが悪いし、相手が謝っても許せない、現実が変化していても気づかない、とにかくいつまでも怒り続けるしかない。だからこそクリーニングはすごく有効。記憶だからクリーニングすると消えます。怒りをクリーニングし続けていると大体恐れみたいなものが見えてくる、それをまたクリーニングしていくと、ほんとうに消えちゃう。でもクリーニングすること自体忘れちゃうので、また繰り返しです。

何度も言うけれど、怒りを押さえるのは良くないです。記憶が再生されたままというのがよくない。その証拠にわたしの周りにいる尊敬している友人達は決して仏のようにいつも穏やかというわけではないし、おこったり、もの申しているひともたくさん、でも彼らの怒りは記憶から欲されていないから、まるで台風のようにして、一気にその場の流れを変えたり、整えたりして、気づいたときには無垢な顔でたたずんでいるんです。

ものもらい、鏡でずっとその腫れている箇所を見ていたら、ほんとうにこれは、記憶が体に染み渡り、怒りを持って赤く、熱く、腫れてしまっているのだと気づき、泣けてきました。「アイスブルーアイスブルー」

自分の中に平和を取り戻している最中です。

台湾は梅雨真っ盛り、でも空気が澄んでいてきもちがいい!

6月は日本に帰ります。

ブログを読んでくださり、ありがとうございます。

peace of I

Irene

photo-17

Mother’s Day!

母の日おめでとうございます。
誰かのお母さんもお母さんがいる人も、そうでない人も、あらゆる母性に感謝する日、素敵な一日になりますように。

20140511-135412.jpg

わたしは台北で元気にやっています!
ホームシックや言葉の壁、文化の違いに引っかかるたびにクリーニングしています。

昨日のことをちょっとお話させてください。最近わたしたちは引越しをして、ようやく落ち着いてきたので、新居にお義母さんとお義父さん、あと叔母さんを招いて母の日のディナーをセッティングしようと計画していました。

わたしは、実は料理長いことしておらず、結婚して最近また始めたので、緊張していたし、お義母さんはすごく健康嗜好な方で、野菜も魚も生ものは冷えるから食べない、お肉も食べない、油ものだめ、そもそも料理慣れしていないわたしにとってはじゃあなに作ればいいのじゃ!とパニックになるセッティングからのスタートです。

2人以上の料理つくるのもすごーく久しぶり、でもなんだか楽しく作り始めていたら、ピンポーン!と早めの来客が、なんと義妹がいぬをつれてオーストラリアから突然のサプライズ帰国。この状況伝わるでしょうか?!
この妹ちゃんもまたかなりのヘルシー思考でわざわざそれを学びにオーストラリアに行っているものですから、早速レクチャースタート!全くさきに進みません。

義理の家族っていろんなパワーバランスがあって常にクリーニングのきっかけですが、わたしの中でたまっていたいろんな気持ちがいっきに見えてきたのです。

ここでとにかくクリーニングができて本当によかった。
なにも変なきもちを残さず、時間内に作り終えないとだから、今度教えてね!と言えたわたしはもう最強です。
やっと家族のパズルのピースをつかめた感じ。

妹ちゃんがパパママは食事の前にフルーツがないとダメと教えてくれたので、買ってきてもらって切ってもらえました。

そこには感謝しかないし、いやなこととか比較とかなくて、ああ、クリーニングすると誇りを持って負けられるなぁ、この感じって自由でいいな!
とこころから思いました。

無事招いてみんなで食事して、素直に家事全体不慣れであることを披露できたのです。

料理はというと、蒸し野菜、蒸し魚、蒸し鶏、茶碗蒸し、炊き込みご飯、なんだか全体的に薄茶の世界でがーんでしたが、お義母さん(とってもエレガントできちんとしたお方なのです)がすごくピュアに楽しくリラックスしているすがたを見て、改めて「平和はわたしから始まる」を体感したような気がしました。

決して自分のダメな感じを卑下しなくても、または開き直らなくても、今自分が自分でいることって、これはとっても幸せだし、争いがないし、感謝できるすばらしい瞬間。

今朝起きて、またすぐに妹やお義父さんにいわれたカチンときた言葉を思い出したのだけれど、それもクリーニングして、わたしの平和を取り戻しました。

自分の責任で生きて行くってほんとうに自由を取り戻して行く作業です。

今日本にいたいけど、なんか噂のおしゃれなカフェとか行きたいけど、いまいる場所が最大のクリーニングのチャンスを与えてくれると思うからこそ少し少し愛しさは育まれて行くものですね。

ご縁をいただいてから、仲良しでいさせていただいている加島祥造さんという方がいらっしゃいます。
タオイズムを生き、すばらしい詩や絵を表現され続けているわたしの最年長の最高に尊敬している友人です。

台湾にきているわたしにお手紙をくれて、その裏に書かれていた言葉。

20140511-142133.jpg

いつもこれを目に止めて、
自分のアラームにしています。

きょう何かに感動したかな?
美しいって思ったっけ?
もしそれがなかったとしたら、
それは環境のせいじゃない。
記憶に自分がとらわれてしまって光が入ってこないからだ。

そこからまたクリーニングしていくと、
ほんとうに魔法。
お家さんも、窓から入る風景や音、

たった今も、公園でこれを書いているのですが、ああ、公園にいるのに台北工事ばっかでうるさー!
と思っている自分に気づきクリーニングした途端、後ろからジャミセンの生ライブが始まりました。

宇宙はいつも自分の中にある。
ぜんぶある。

博士の言葉が聞こえてくる。

長くなりました。
読んでくださって、ありがとうございます。

PEACE OF I

あ、もう一枚!わたくし特製POIキャップです。笑

20140511-143736.jpg

台北より愛を込めて
アイリーン